秋の夜長に響き渡る虫の音にもさまざまなものがあります。

その1つであるスズムシを今回は取り上げたいとおもいます。

ただし、注目していただきたいのは「移動距離」についてです。

スズムシ 移動距離

移動距離は?

スズムシが分布するのは、海外ではインド北部。

日本では本州から九州まで。

スズムシが暮らすのは、草むらや草原、石のすき間や割れ目など。

オスの体長約21㎜、メスの体長約23㎜。

体色は黒色で、触角の中央に白い部分があります。

野外ではリィー、リィーと鳴くことが多く見られます。

食性は動物質で、昆虫や小動物の死骸などを食べます。

水分補給のために、若葉や花を食べることも。

どうして音を出すことができるのでしょう?

「右前ばね」の裏側に、ヤスリ状になった部分があります。
「左前ばね」の表側に、バチ状、ツメ状の部分があります。
2枚の「前ばね」を同時に左右に高速で動かすことによって、ヤスリとバチがこすれ合って音が出ます。

鳴き声によって意味が違います。
「リリー・リリー・リリー」と、くり返し鳴くのは、求愛しているときです。
「リー」と、短く鳴くのは、なわばり主張や威嚇のときです。
つまり、鳴くのはオスのみです。

スズムシが移動するのはこんなときです。残念ながら、具体的な距離は分かりませんでした。

羽化した後、数日の間、空を飛び生まれ育った草むらを離れ別の場所へ移動します。

その理由は2つです。

まず、近親交配を防ぐため。

次に、生息域を拡大するため。

メスは後ろ羽が長いので飛べますが、オスは後ろ羽が長いのと短いのと両方います。

短いのは飛ぶことができないそうです。

スポンサードリンク

まとめ

スズムシが移動するのには、種の維持のための理由があったんですね。

今回の調査は、自然の摂理のおもしろさに触れることができました。

スポンサードリンク