赤い殻から少し想像がつくかも知れませんが、甲殻類に分類されます。つまり、エビやカニの仲間なんです。ザリガニを捕まえようとすると、ものすごい勢いで後退します。小学生くらいのころに体験したので分かりますが、ビュッと一気に、ジェット噴射のようでした。

そこで疑問が…!ザリガニはどれくらいの距離を移動しているのだろう?今回は、ザリガニの主に行動範囲についてお話ししたいと思います。

ザリガニ 移動距離

ザリガニの移動距離は?

ザリガニといっても、ここでは「アメリカザリガニ」を取り上げます。アメリカザリガニは、みなさんもよくご存じの殻の赤いザリガニです。帰化生物でアメリカ出身なんです。水辺のほとんどの環境に適応でき、水温が高くても生きていけます。そのうえ、繁殖力もすごく、1度に最大で800個の卵を産みます。

また、プランクトンから両生類まで何でも食べることができ、食べ物にも困りません。実は、環境省によって「要注意外来生物」に指定されています。そればかりか、「日本の侵略的外来種ワスート100」(日本生態学会作成)に選ばれています。

スポンサードリンク

そんなアメリカザリガニの行動範囲ですが…。

陸上でも数時間なら呼吸できるため、数キロも歩く場合が見られます。こんなギャングが移動してきたら他の水辺の生き物たちにとっては大きな脅威となるでしょう。

まとめ

水生生物にとっては、あまり好ましくないアメリカザリガニ。気の毒なようだけれども、人間の身勝手が招いた現状でしょう。もし現在、飼育されている方や飼育しようと思っている方は、最後まで責任をもって育ててください。アメリカザリガニの駆除目的で、ザリガニ釣り大会などを開いているところもあるようです。私たち一人ひとりが、もっと身近なところに目を向けなければならないと教えられた気がしました。

スポンサードリンク