子どもに人気の海外昆虫といえば、ヘラクレスオオカブト!その名に負うのはギリシャ神話の英雄ヘラクレス。オスで体の大きいものは17㎝前後します。こんなに体も大きいんだったら、遠くまで飛べるんじゃないでしょうか?そこで今回は、ヘラクレスオオカブトについてこの点からお話ししたいと思います。

ヘラクレスオオカブト 移動距離

その飛翔距離はいかに?

ヘラクレスオオカブトは、中南米の熱帯雨林の中で発見されました。ほとんどの時間を腐葉土の中から食べ物を探すことに費やします。そこで発見されたヘラクレスオオカブトは合計13種類。

オスの特徴は何といっても、あの長い、ながーい角。角の方が体より長くなることもあります。それにパワフルなことでも知られています。自分の体の850倍もの力を発揮します。メスを取り合って、ケンカをする際にこの角が大活躍します。

メスは角を持ちませんが、他の種に比べると体が大きいです。もちろんオスよりは小さいですが。オスもメスも大食漢です。

スポンサードリンク

気になるのは、その行動範囲…。

残念ながら、英語のサイトものぞきましたが、詳しいことは分かりませんでした。他のクワガタ同様、日中よりも夜間のほうが活動的。飛ぶのも夜の方が多いそうです。生活している場所の近くに灯火などの光源があれば飛来します。おそらく原種が暮らす場所に、光源はあまりないでしょう。ですから、そこまで行動範囲は広くないと思われます。

まとめ

人気の生き物だし、すぐに見つかる!と思っていました。が、今回は歯切れの悪い終わり方となってしまいました。しかし、ヘラクレスオオカブトはいろんな種類があるんですね。まったく知りませんでした。ときには、謎は謎のままのほうがいい!?のかもしれません。

ヘラクレス(英雄)の名を冠するカブトだけに…。

スポンサードリンク