オニイトマキエイという生物をご存知ですか?オニイトマキエイはトビエイ目トビエイ科に属する世界最大のエイです。

マンタといえば想像つくのではないでしょうか。

大きいものでは体の横幅が8m、体重3tにまで達します。

熱帯の海のごく表層を遊泳し、泳ぎながらプランクトンを食べます。

ダイビングのほか、幾つかの水族館でも見ることができます。

ちなみに毒針はありません。

今回はそんなオニイトマキエイについて調べてみました。

オニイトマキエイ 移動距離

移動距離

オニイトマキエイは世界中の熱帯・亜熱帯海域、特にサンゴ礁周辺に生息しています。

普段は、外洋の表層を遊泳するのですが、沿岸域まで移動することもあるので、そこでも見ることができます。

日本では主に、石垣島の周辺海域で見ることが可能です。

形態

巨大な体で、魚類の中でも最大級の大きさを誇ります。

体の形は他のイトマキエイ類と同じく平坦なひし形で、細長いシッポを持ちます。

体色は基本的に背中側が黒色、腹側が白色ですが、それぞれの個体によって異なる斑点や擦り傷などが見られ、個体識別の際の目印になっています。

稀に全身が黒色の個体も見られ、ダイバーの間ではブラックマンタと呼ばれていたりするそうです。

生態

マンタの生態はまだまだ不明な点が多いらしいです。

泳ぐ時は大きな胸びれを上下に羽ばたくように動かし、比較的ゆっくり進みます。しかし、餌となるプランクトンの集団を見つけた時は、早いスピードで何度も宙返りするように上下方向に旋回を行います。この時は大きな口を開け、海水と一緒にプランクトンを吸い込みます。またダイバーの出す気泡に反応して、このような旋回行動を見せることもあるみたいです。面白い特徴として、たまに海面からジャンプすることがあるみたいです。何トンもも巨体を空中に上げる為、相当のエナジーを必要とするはずですが、何の為の行動かはよくわかっていないみたいです。他には、小魚を従えるという点です。大海原を回遊するオニイトマキエイは単独で行動し、数匹のコバンザメやブリモドキを従えていることが多いです。このような魚は、大きなオニイトマキエイにくっつくか寄り添うかして、長距離を移動します。旅の間は主人の食べ残しや、糞、体についた寄生虫などを食べて栄養を得ているみたいです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか。マンタはまだまだ謎の多い生物です。水族館で見る機会があれば、じっくり観察してみると

 

スポンサードリンク