人々に馴染みの深いメダカ。日本では歌にもなっているほどの人気です。

メダカはダツ目メダカ科に属する魚で、ミナミメダカとキタノメダカの2週類の総称を指します。

体長は3.5cm程の淡水魚で、ミナミメダカの学名は「稲の周りにいる足の広い」という意味です。

またヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通しています。

今回はそんなメダカについて調べてみました。

特徴

メダカは目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが名前の由来になっています。

飼育が簡単なため、金魚同様、観賞魚として古くから日本人に親しまれてきた他、様々な目的の科学研究用に用いられているみたいです。

メダカの体色は野生型では黄色を帯びる灰褐色、背中には暗褐色の線がありますが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無やまた、反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれています。

メダカ 移動距離

移動距離と分布

日本、台湾、朝鮮半島、中国などに分布しています。

このほか、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されているみたいです。

北アメリカにも移入された地域もあるという話です。

移動距離に関しては不明ですが、日本では本州から琉球半島にかけて分布しています。

北海道の一部地域にも移入され分布しています。

また流れの緩い小川や水路など周辺を移動しており、同右物プランクトンなどを食べて生活しています。

蚊の幼虫ボウフラを好んで食すため、ボウフラを退治する益魚としても知られています。

形態

体調3.5cmほどの小魚で側線はありません。

背広はかなり後ろに位置し、腹びれの前端より後ろになります。

腹びれは前後に長く。オスの背びれの膜には欠けている部分があるのですが、メスにはこれがありません。

胸びれと腹びれはメスの方が大きいのですが、背びれと尻びれはメスの方が大きくなっています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょか。メダカは歌にもなっているような親しみのある魚ですが、実際のところ詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。比較的見つけやすく、飼育しやすい魚なので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク