アカエイという生物は日本でもよく耳にしませんか?夏の海水欲情とかでよく「アカエイに注意!」みたいな注意書きを目にすると思います。

アカエイは、トビエイ目アカエイ科に属しているエイになります。

全長は1mで、日本を含む東アジアの沿岸域に広く分布しており、分布域では普通によく見られます。

一応食用なんですが、尾に毒の棘があるので十分注意しなければなりません。

今回はそんなアカエイについて調べてみました。

特徴

尾を含めた全長は2mに達します。

多くのエイに共通するように、体の形は上から押し潰されたように平たく、座布団みたいな形をしています。

背面は赤褐色から灰褐色で、腹の方は白く、尾などの辺縁部が黄色や橙色になるという点で、近縁種を区別することが可能です。

彼らは背面に目があり、噴水孔が目の広報に近接して開きます。

腹面には鼻孔、口などがあります。体の表面はほとんど滑らかなのですが、背中の正中付近には小さな棘が並んでいます。

この長い棘には毒があり、刺されると激痛に襲われるので注意です。

数週間も痛みが続いたり、アレルギー体質の人にはアナフィラキシーショックにより死亡することもあります。

またアカエイは死んでも毒が消えないため、死体を扱う際にも尾には注意しなければなります。

アカエイ 移動距離

移動距離と生態

北海道南部から東南アジアまで、東アジア沿岸部に広く分布しています。

また浅い海の砂泥底に生息、移動しており、分布域では目にすることが多いです。

河口などの汽水域に侵入することもあります。

普段は砂底に浅く潜り、目と噴水孔、尾だけを砂の上に出してます。

お久々時は、海底を羽ばたくように泳ぎます。

また彼らは肉食で、貝類、頭足類、多毛類、甲殻類、魚類など幅広く捕食します。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。海水浴などで見かけるアカエイは、おそらくみなさんが思っている以上に危険な毒を持っているので、本当に注意してください。浅瀬にいることが多いので、特に注意が必要です。ただそんなアカエイも食用として扱えることには驚きでした。筆者はまだ食べたことがないので、いつかトライしてみようかなと思いm

 

スポンサードリンク