世界には恐ろしい魚も存在しています。ピラニアという生物を聞いたことはありますか?

ピラニアは、アマゾン川など南アメリカの熱帯地方に生息する肉食の淡水魚の総称です。

ピラニアと呼ばれる魚は基本的にカラシン目セルラサルムス亜科に属する種が重ですが、分類が曖昧なものもあるみたいです。

今回はそんなピラニアについて調べてみました。

形態

体調は小型の種で15cm、大型種では60cmほどに達します。

ピラニア、ナッテリーは緑と赤に輝く鱗を持ち容姿も美しく、熱帯魚として家庭で飼育する愛好者も少なくないみたいです。観賞魚として人気のあるネオンテトラはピラにはと同じカラシンの仲間であり、顔つきもよく似ています。小さいためわかりにくいのですがネオンテトラも鋭い歯を持っています。

ピラニア 移動距離

移動距離と生態

ピラニアは、南アメリアの熱帯地方のアマゾン川などに生息する淡水魚の総称になります。

ピラニアは、メチニス系の草食魚類から、1000万年から800万年前ほど前に、雑食の目がピラニアを経て、現代の肉食のピラニアへと進化したみたいです。

そのため草食系の気質が多く残っています。

実は臆病な性格で、特に単体での性格は極端に臆病であるため群れることを好みます。

自分より大きく動くものに対してはすぐ逃げ出す傾向があるんです。

野生種の食べ物は、他の魚や稀に水に落ちた雛鳥やネズミなど、主に自分よりも小さい魚や動物です。

他には川で死にかけている、もしくは川で死んでからあまり時間が経っていない動物の肉なども食べていて、「たとえ空腹でも大型の温血動物は襲わない」という説は誤りです。

血液臭や水面を叩く音に敏感に反応し、群れ全体が興奮状態になると水面が盛り上がるほどの勢いで獲物に食らいつきます。

群れは常に同じ水域で活動しており、ほとんど移動しません。そのため乾季になると多くのピラニアが川に干上がり、カメや野鳥やアヒルの餌にあるみたいです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか。ピラニアは恐ろしいイメージから映画化もされているような生物です。しかし、実際の性格はとても臆病なんです。ですが血が流れている状態でピラニアのいる川には絶対入らないでくださいね。

 

スポンサードリンク