みなさんも一度は「ドジョウ」という魚を聞いたことがあるのではないでしょうか。ドジョウはコイ目ドジョウ科に分類される淡水魚の一種です。日本の平野部の水田や湿地などに全国的に生息しています。

また中国や台湾、朝鮮半島にも分布しているほか、日本をはじめとした東アジアでは食用魚として養殖も盛んに行われています。今回はそんなドジョウにちて調べてみました。

ドジョウ 移動距離

ドジョウの移動距離は?

雑食性で、ユスリカの幼虫などを主に摂食しています。見たことあると思いますが、体は細長い円筒型で、全長は10~15cmです。口ひげは上あごに3対下顎2対で合計10本あります。

このひげには味蕾があり、食べ物を探すのに使われているそうです。またエラで呼吸するほか、水中の酸素が不足すると、水面まで上がってきて空気を吸い、腸で空気呼吸も行います。

体の色は茶褐色で、背部に不透明な斑点を持つものがほとんどですが、稀にオレンジ一色の白変種もあるみたいで、人口養殖されたものなどが観賞魚として流通します。個人差はあるのですが、危険を察知すると、水温や条件によって水底や砂、泥に潜る事もあり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽の水草をことごとくほじくり返されることがあるみたいです。

また体のぬめりが強く、水が汚れやすいのも特長です。ドジョウの移動距離は不明でした。

ドジョウの多くは水田に見られ、昔から農村地帯で食用として用いられてきました。江戸期から戦前にかけては東京郊外の水田でもいくらでも獲れたみたいで、低湿地で水田の多かった東京の北東部地域の郷土料理となっています。

現在の日本ではドジョウを食用にする習慣は少なくなってきていますが、またドジョウはわずか一匹でうなぎ一匹分に匹敵するほどの高い栄養価を得られる局在とされているほど、栄養価の高い魚としても知られています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。「どじょうすくい」なんかでも知られ結構馴染みのある魚だと思いますが、その歴史は古く、また以外にも栄養価の高い魚ということがわかりました。もし近くに水田があるのなら、覗いてみても良いかもれませんね。

 

スポンサードリンク