ウルメイワシは、ニシン目・ニシン科に分類される魚で、全世界の温暖な浅海に生息しています。日本にとってはウルメイワシはイワシの一種として重要な水産資源になっています。地方によって呼び名が異なり、各地ではウルメ、新潟ではダルマイワシ、富山ではドンボと呼ばれているみたいです。今回はそんなウルメイワシについて調べてみました。

ウルメイワシとは

制御は全長30cmに達します。目がとても大きく、また脂に覆われているため、「まるで潤んでいるような目」ということでウルメイワシと名付けられたみたいです。体の色は背中側が青色、腹側が銀色で、特に他に目立つ特徴はありません。体は前後に細長く、断面は背中側が少し膨らみ、卵のような形をしています。うろこに関しては他の種類のイワシに比べても細かいです。

ウルメイワシ 移動距離

ウルメイワシの移動距離は?

最初に述べましたが、ウルメイワシは全世界の熱帯・温帯海域に広く分布しています。暖流に面した沿岸海域に多く生息し、春から夏にかけて北上秋から冬にかけては南下するという季節的な移動を行います。日本においても、夏になると北海道沿岸に群れが出現するみたいです。その群れについてですが、海面近くで群れをなして遊泳しているのですが、群れの大きさは他のイワシよりも小さいみたいです。また餌はプランクトンを口を大きく開けて摂食します。

 

西日本ではほぼ周年漁獲されますが、産卵を控えた冬が一番の旬となります。小型のものは他のイワシ(カタクチイワシ)と同様に煮干にされますが、大型のものもほとんどが干物に加工されることが多いみたいです。この理由は痛みが早いためなのですが、脂肪が少なく干物に適しているというのも一つの理由としてあげられます。新鮮なものはもちろん刺身や塩焼きにして食べることもありますが、痛みが早いので鮮魚としての流通は稀になります。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。イワシは温暖な地域に群れをなして生息しています。しかしイワシの種類によって加工のされ方や生態が大きく異なっているのは面白いですね。

 

スポンサードリンク