釣りやお料理などでも人気のヤリイカですが、その生態はいったいどんなものなのでしょうか?
スーパーで売られているのはよく見るけど、実際はどんな生態か知らないので、今回はヤリイカの移動距離などについて調べてみました。

ヤリイカの体は筋肉質です。海水を体内に取り込むと、漏斗という器官から勢いよく海水を吐き出しジェット噴射の要領で泳ぎます。

同じようなジェット噴射で泳ぐ生き物にタコがいますが、仕組み上イカの方が早く泳ぐことができるそうです。普段の泳ぎは足が前を向いていますが、緊急時は頭が前を向き勢いよく逃げます。

ヤリイカ 移動距離

ヤリイカはどのくら移動するのか

タグをつけたヤリイカがおよそ200km離れたところで捕獲された記録がありました。回遊性の生き物ですから、潮の流れにのって移動します。この200kmという距離ですが、人間の感覚だと200kmはかなり遠くに感じますが、他の種類のイカに比べるとヤリイカは行動範囲はかなり狭いと言えます。

スポンサードリンク

まとめ

食べてもおいしいヤリイカの生態は驚くものでした。特に200キロも離れた場所で捕獲されたなんですごいと思います。潮の流れは速いので人間には危険ですが、生物にはかかせないものだと分かりました。

スポンサードリンク