シーラカンスハは、ご存知の通り「生きた化石」として有名ですね。

そんな、今は幻かと言われているほどのシーラカンスも深海を今も泳ぎ回っています。

謎のシーラカンスの生態について迫りたいと思います。

特に注目したのは「移動距離」についいてです。

シーラカンス 移動距離

どのくらい移動するの?

まるで歩くように泳ぎ、ヒレは他の魚と違って、大きな骨と関節があるのが特徴です。

陸地を歩けそうな姿をしているため、両生類へと変化する過程のままの姿と特徴を継続しているのではないか?といわれています。

そしてシーラカンスには、背骨がないという、魚としては不思議な体をした生き物です。

固い背骨の代わりに、脊柱(ギリシャ語ではシーラカンスと呼びます)と言われるホース状の管が頭から尾っぽまで繋がっており、その管内は油のような液体で満たされています。

シーラカンスは、絶滅危惧種に指定されており、商業ベースでの展示は禁じられています。

シーラカンスの寿命は約103年と推定されており、人間の平均寿命より長い気だという事には驚きました。

棲息地は、南アフリカのコモロ諸島、インドネシアの深海です。

外国ではシーラカンスは幸運の魚と言われているそうで、とても大事に扱われているそうです。

そして、シーラカンスの移動距離についてですが、アクアまりんふくしまの調べによりますと、アフリカの研究で同じ個体のシーラカンスが、8kmぐらい移動してっまた戻ってきたという報告があるそうです。

もっと泳ぐのかな?と思っていましたが、深海を悠々と泳ぐシーラカンスを想像してみると、面白い結果でしたね。

スポンサードリンク

まとめ

シーラカンスが幸運の魚と言われているように、生きた化石として大切にされている魚です。

一度、間近で拝見してみたいですね。日本には棲息していませんので、インドネシアなどでは見られるようなので、是非現地に行く際は生で見てみたいです。

そして、なんと寿命が100歳越えしていることに驚きました。人間以上のスタミナがありということでしょうか。もっとシーラカンスについて知りたくなりました。

 

スポンサードリンク