高級魚として名高いカンパチ。

めったに目にすることのない魚です。

そんなカンパチの生態について迫っていきたいと思います。

スポットを当てるのは、「移動距離」についてです。

カンパチ 移動距離

いったいどれくらい移動するの?

カンパチは、ブリやヒラマサとともに「ブリ三兄弟」として知られています。

その中でも漁獲量が最も少なく、最高級の食材と言われています。

カンパチはブリの仲間では最大の大きさを誇ります。

体長は2m近くになるものも確認されています。

体重は、なんと100㎏を超えます!

まさに水中界の相撲取りですね。

体の形は、シマアジに似ています。

体色のベースは銀色で、上下の縁に黄色や青色の横線が入っています。

そんなカンパチが分布するのは、地中海メキシコ湾を含む全世界の熱帯・温帯海域。

成長に適した温度は20度~30度と、比較的高めを好みます。

13度以下の水温だと、死んでしまうそうです。

そのため日本近海では、東北地方以南で広く見られます。

日本近海に住むカンパチは、季節的な回遊を行います。

春から夏にかけて日本列島を北上し、初冬から春にかけて南下します。

カンパチは沿岸域の水深20m~70mに多く見られます。

稚魚の頃は動物性プランクトンを食べて育ちます。

成長すると魚を食べる傾向が強くなり、イワシ類、アジ類等の小魚を捕食します。

その他に甲殻類など。

気になるのはその移動距離ですが…。

公的な研究機関のホームページなどにあたりましたが不明でした。

残念ながら、具体的な数値なども分かりませんでした。

スポンサードリンク

まとめ

具体的な数は分かりませんが、おそらく相当な距離を泳いでいるものと思われます。

これだけの巨体で遠距離を泳いでも、なお何かメリットがあるのでしょう。

水温が低いことが苦手なのも、その理由の1つかもしれません。

スポンサードリンク