コガネムシって言われてどんなものか分かりますか?

昔、童謡で歌ったくらいで姿、形もまったく知りません。

そこで、今回はコガネムシの生態を追っていきたいと思います。

特にポイントは「移動距離」についてです。

コガネムシ 移動距離

どれくらい移動するの?

話を進める前に1つだけクイズです!コガネムシの仲間はなんでしょう?

正解は、カナブンです。

カナブンの方が比較的大きな体つきをしています。

コガネムシが分布するのは北海道から九州までです。

住宅の周辺や森の近くなどに暮らしています。

ここでは、「ナガチャコガネ」について話を進めていきます。

分布は北海道から九州まで、幅広いです。

ナガチャコガネが住むのは、平地から山地にかけて。

市街地の灯火にもよく飛来します。

体長14mm前後で、体色は赤茶色。

食性は植物質で、成虫は広葉樹や針葉樹の葉を食べ、幼虫は土の中の植物の根を食べます。

お茶の産地として知られている静岡では、茶樹がその被害にあっています。

食害を受けた茶樹は、ひどい場合は60%以上の減収になるそうです。

コガネムシにも昼間に活動するものと、夜間に活動するものがいます。

ナガチャコガネは、夜行性のコガネムシです。

日没直後の約1、2時間に限って地上20㎝~30㎝を飛び回ります。

夜間に動き回るのはオスがほとんどです。

メスは地表の草の上にとどまって、あまり動きません。

そのため、ナガチャコガネの居住域が広まる可能性は低いと考えられます。

一カ所に住むということは、それだけ食害がひどくなることを意味します。

ナガチャコガネの活動のピークは6月下旬です。

スポンサードリンク

まとめ

ナガチャコガネの行動範囲はとても狭いですが、その被害は甚大ですね。

お茶だけではなく、他の野菜の根もかじるそうです。

野菜を育てられている方は、ご注意ください。

スポンサードリンク