2本の鎌で威嚇する姿は、まさに昆虫界の殺し屋。ほんの一瞬で獲物を捕る光景は圧巻です。では、なぜあんな俊敏で華麗な動きができるのでしょうか?今回は、そんなカマキリについて主に「スピード」という観点から説明していきます。

カマキリ 移動距離 スピード

どれくらいのスピードなの?

カマキリのオスとメス、どちらが大きいと思いますか?察しの通り「メス」が大きいです。極端なたとえですが、親子ほど違います。これはみなさんもご存知かもしれませんが…。

交尾の最中にメスがオスを食べてしまうことも。ただし、7割のオスは逃げ切れるようです。スピードが速いイメージが何かと強いカマキリですが…。それもそのはず、獲物を見つけてから手に入れるまでの時間。その間わずか0.05秒

ほんの一瞬で殺されてしまうんです。そしてあの鋭い両の手には驚くほど巨大な力が隠されていました。

人間の力に換算して3tもの力を秘めていたんです。これでは攻撃された相手は、ひとたまりもありません。そして手の先には、細かい毛がたくさんついています。あの鋭い目を掃除するためです。目も狩りに重要な役割を果たしていたんです。

スポンサードリンク

カマキリの視野はどれくらいでしょう?

その広さ、なんと約180度、分度器とほぼ同じです。これだけの武器が備わっていたら敵いませんよね。チョウやバッタはもちろん、鳥やトカゲやヘビだって捕らえます。アッと思ったときは、すでに遅く、胃袋の中でしょう。

そんなカマキリにも苦手なことが…。

実は、あまり飛ぶことが得意ではありません。

まとめ

オスのカマキリはちょっと気の毒な気もします。あの驚異的な狩りのスピードを支えていたのは、「腕の力」と「広い視野」だったんですね。まさかこれほどとは!子どもの頃に捕まえようとしてギロリとにらまれたことがありましたが納得です。

スポンサードリンク