犬や猫を飼われた方なら分かると思います。

ある時期になるとノミの予防薬を使いますよね。

今回はそんな嫌われ者のノミに迫っていきたいと思います。

特に注目していただきたいのは、「移動距離」についてです。

ノミ 移動距離

どれくらい移動するの?

ノミが好むのは暖かくて湿り気のあるところ。

熱帯や亜熱帯の海岸や湿った場所に一番多く見られます。

その次に見られるのは温帯地域です。

しかし現在は、北欧南部にまでその活動範囲を広げています。

日本では全国どこでも普通に見られます。

ノミの体長は2~3mmと、米粒よりも小さいです。

ほとんど目視することはできませんね。

どれくらいの移動が可能なのでしょう?

60㎝~90㎝も移動します。

な、な、なんと体長の300倍もの距離を一度に飛び跳ねます!

たとえるなら、身長180㎝の男性が一度に540mを跳躍するようなものですね。

とてつもない跳躍力です!

家庭の中では、卵や幼虫や蛹がカーペット、床、ソファー、ベッドなど。

また、ペットが寝そべるような場所に注意してください。

特にノミの幼虫は、光から逃げる性質、下へ向かう性質を持っています。

ですから、カーペットの奥やゴミの下にいることが多く、飼い主もあまり気づきません。

ペットの寝床が典型的な幼虫の繁殖場所となります。
屋外では、ノミは犬小屋、花壇、潅木の下などにいます。

直射日光が当たるところにはいませんので、安心してください。

ペットにとっても私達人間にとってもちょっと厄介な昆虫のようです。

スポンサードリンク

まとめ

私も犬を飼っていた頃に、ノミ対策をしていました。

こんなにも跳躍力があるとは驚きました!

もし家で犬や猫を飼われている場合は、シーツなどは天日で干すといいかもしれませんね。

可愛いペットを守るのは飼い主の責任です。

スポンサードリンク