ホッキョクグマと言えば、別名シロクマ。

毛がふさふさしていて体の大きく、ゆったりとしたイメージが強いです。

今回取り上げるのは、シロクマの生態についてです。

特に移動距離についてスポットを当てたいと思います。

ホッキョクグマ 移動距離

どれくらい移動するの?

ホッキョクグマが分布するのは、北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部。

生活している場所は、流氷水域などの寒冷なところ。

冬季には流氷の南下に伴い南へ、夏季には北へ移動します。

流氷の間を数時間にわたって泳いだりすることができます。

そのスピードどれくらいだと思いますか?

時速10㎞で泳ぎます。あの巨体から想像できるでしょうか。

驚いたことに、時速6.5kmの速度で約65kmの距離を泳げます!

1日あたり70kmを移動することもあります。

年間を通して1,120kmの距離を移動した例も!

スポンサードリンク



 

体長は、オス200㎝~250㎝、メス180㎝~200㎝。

体重は、オス400㎏~600㎏、メス200㎏~350㎏。

この巨体を維持していくために、オスは特に食べなければ生きていけません。

オス1頭あたり、週にアザラシ1頭分の食べ物が必要です。

そのためホッキョクグマはクマの中でも、特に肉食性が強いです。

主食はアザラシのほか、魚類、鳥類やその卵、シロイルカなどの哺乳類、クジラ等の動物の死骸。

氷の溶ける季節にはコンブなども食べます。

まとめ

どちらかと言うと、緩慢な動きのイメージが強かったですが一変しました。

ホッキョクグマはとても高い身体能力を持っていますね。

しかし、それを維持するためには食べなければならい。

食べ物を得るためには移動しなければならない。

生きるために移動し、命をつないでいく、自然の偉大さに触れた気がします。

とても過酷な環境の中で、必死に生きている動物もいるんですね。

スポンサードリンク