庭の草を抜いたら、ぴくぴくとミミズが出てきて…。ぎゃー!といことはありませんか?ゆっくりと土の中を這うミミズですが、どれくらい移動するのでしょう? もちろん水の中に暮らすミミズもいますが、今回は土の中に暮らすミミズについて考えます。これからミミズの移動距離についてお話していきます。

ミミズ 移動距離

ミミズはどれくらい移動するの?

土の中で枯れ葉などを食べているイメージが強い生き物ですが…。そのおかげで、空気と混ざり土がふかふかになります。動的な印象はありませんが、実は動くんです。ミミズのスピードは体長の大きさにより異なります。 小さなもの、中くらいのもの、大きなものの順に話します。

小さなミミズは、約12㎝/分の速さで進みます。

中くらいのミミズは、約90㎝/分です。

大きなミミズは、約120㎝/分の速さで動くことができます。

だいたいの目安として、1分で体長の大きさだけ動けると覚えましょう。

スポンサードリンク

あんなふにゃふにゃした体でなぜ動けるのでしょうか?

それは見た目には分からない2つの秘密が隠されています。その1つは、「複雑な構造の筋肉」です。そのため勢いよく素早く動くことができます。もう1つは、「小さな剛毛」です。剛毛がスパイクの役割を果たし、上下に動きやすくなります。

ミミズの動きにも種類が3つあるって知ってましたか?

まず、体を伸ばしたり縮ませたりしながら進んでいく動き方。これはよく見かけますね。次に、くねくねと蛇行しながら移動する方法。最期に、ピンピンと飛び跳ねるような動きです。身の危険を察知したときに見せることが多いです。

まとめ

意外と動きが速いと思いませんか?これでミミズが動けるしくみも理解できましたね。頑張って生きていますね!庭先で見つけても叫ばずに、そっと戻してあげてください。

スポンサードリンク