狭い室内でも飼うことができて人気のフェレット!その生態について知る人は、あまりいないと思います。

そこで今回はフェレットについて紹介していきます。特に、行動範囲について目を向けたいと思います。

フェレット 移動距離

その移動範囲は?

フェレットは、実は自然界には存在しません。

野生のヨーロッパケナガイタチを家畜化、改良したと言われています。

日本で本格的にペットとして認知され始めたのは、1993年頃のこと。

体長は35㎝~50㎝ほどで、メスのほうが小さいです。飼う際には一辺が60㎝くらいあるケージを準備しましょう。

ケージのすき間が5㎝あれば脱走してしまいます。ですから、専用のケージを購入されてください。

フェレットに適した温度は、一般的には15℃から22℃。汗腺がないため28℃以上になると、熱中症のおそれが出てきます。

スポンサードリンク



 

食性は、肉食です。専用のペットフードを与えてください。

フェレットは、人間に懐き、飼い主と遊ぶことを好みます。

それゆえ、いつも活発で好奇心が強いです。永遠に年を取らない子どものようです。

フェレットの鳴き声によって機嫌を知ることができます。

「クックックッ」は機嫌がいいとき。

「シャーッ」は機嫌が悪いとき。

「キャン」は驚いたとき。

その移動距離についてはデータを得ることができませんでした。

ですから、イタチを参考にしました。イタチは1日に8㎞移動します。

ペットとして飼われているため、フェレットはこれよりもかなり劣ると思われます。

まとめ

野生のフェレットが存在すると思い込んでいたため、少し衝撃を受けました。

なぜフェレットがこんなにも人気があるのか、その理由が分かった気がします。

ケージの一辺が60㎝ほどですから、行動範囲もそれほど広くないと予測できます。

スポンサードリンク