ゴミの集積所に群がるカラスを見かけたことはありませんか?器用にくちばしで、中身を出してしまいます。人間にとっては少し厄介なカラス。

いったいどこから飛んでくるんでしょう?そんなカラスに今回はスポットを当てて見ていきます。

カラス 移動距離

真っ黒カラスの移動距離は?

日本でよく見かけるカラスは次の2種。「ハシボソカラス」と「ハシブトカラス」。

2種の外見上の違いは、くちばしです。ハシブトカラスのほうが、くちばしが太く、額がでっぱって見えます。

鳴き声の違いは…。

ハシボソカラスは「ガーガー」と濁った鳴き声。ハシブトカラス「カァカァ」と澄んだ鳴き声。ハシボソカラスはユーラシア大陸に広く分布。日本各地の町や周辺の山村で見かけます。河川敷や農耕地などの開けたところに生息しています。雑食で、昆虫や小動物、果実などを食べます。

ハシブトカラスはユーラシア大陸の東部に分布。日本では一部を除いて、低地から山地まで広く分布しています。最近は、都会の街中で暮らすようになってきています。

スポンサードリンク



 

肉類と脂質が好物。

昆虫や木の実などのほか、ネズミなどの小動物を捕まえて食べることも。ウソのような話ですが石鹸を食べることもあります!

そんなカラスですが、いったいどれくらいの距離を移動するのでしょう?

東京大学大学院教授の調査結果によると、直線距離にして3㎞~5㎞です。

これは都会のカラスの行動ですから、郊外ではもっと広くなるかもしれません。カラスの縄張りは巣を中心に半径20m~100m

まとめ

カラスの移動距離って思っていたより短かったです。おそらく遠くへ行かなくても、食べ物を手に入れることができるからでしょうね。

しかし、ゴミの日の朝は大変です。一度、ひどい目にあったことがあります。そこで我が家では、ネットをかけて完全防備でゴミを出しています(笑)。

スポンサードリンク