荒れた大地をびょいん、びょいんとジャンプしている姿が目に浮かびます。子煩悩でほんわかした雰囲気のカンガルー。そんなカンガルーの暮らしの一部について紹介していきます。今回は、特に「距離」という点からお話しします。

カンガルー 移動距離

どれくらいの距離を移動するの?

カンガルーが暮らすのは、オーストラリアや南洋の国々。住んでいる場所は、草原、砂漠、森林など幅広いところに適応しています。さまざまな種が存在します。今回は最も大きな種は、「アカカンガルー」に的を絞ります。

オスは全長130㎝~160㎝、メスは全長80㎝~110㎝。オスの背色は栗色、メスは青灰色です。草の葉を食べますが、一部の種には昆虫やキノコを食すものもいます。発情期はオスどうしの熾烈な争いです。

ポンピングと呼ばれる威嚇で勝負がつかない場合は…。

両手を器用に繰り出して「ボクシング」を始めます。とは言っても、尾を地面に固定し、強烈な前蹴りを使うこともありますが。人間がこの一撃を受けると内臓が破裂するほどの威力があります。

衝撃の事実3連発をお伝えします。

スポンサードリンク



 

スピード

アカカンガルーは最高時速70kmを出すことができます。

その際の歩幅は通常時(1m~2m)より伸び、な、な、なんと9mにもなります。

跳躍力

2km近くの距離を時速40kmで跳躍し続けられます。

移動距離

なんと発情期には、1日に100kmも移動します。

まとめ

カンガルーの想像もつかない姿にビックリしました!特筆すべきは、跳躍力を生かした最高時速!歩幅が9mとは、成人男性約5人を縦に並べても、飛び越えていけるということです。

種を維持していくためのボクシングにも驚かされました。調べるうちに、ほのぼのしたイメージから武闘派のイメージに変わりました(笑)

スポンサードリンク