獰猛で、肉食のイメージが強いトラ。しかし現存するトラは世界中で6種です。その中の1つ、「アムールトラ」の暮らしについて報告します。今回は、特にスピードという点から触れていきます。

トラ 移動距離

移動距離はどのくらい?

トラは、南アジア、東南アジア、東アジア、ロシアの一部に広く分布しています。アムールトラは、彼らが暮らすのは、ロシアの極東。ネコ科最大の生き物です。かつては、中央アジアや西アジアまで生息していました。

現存するのはアムール川やウスリー川(中国との国境)流域のみ。全部で500頭ほどしかいないそうです。非常に寒冷な地域で生活しています。そのため他の種に比べ、体毛は深く長いです。

冬毛は夏毛の3倍以上にも!彼らの主食は、イノシシやシカ、クマなどです。狩りの成功率は5%ほど。

そのため、オスのテリトリーは広いです。な、な、なんと、1,000㎢!東京都の面積の半分ほどの広さ!通常のトラの10倍~17倍のテリトリーをもっています。

他のオスが侵入してくると戦います。もし負ければ、自分の子どもを殺されてしまいます。

スポンサードリンク

そんなアムールトラの移動距離ですが…

中国の研究者によると、直線距離だけで300㎞移動していることが分かりました。

また、こんな目撃情報も…。

アムールトラがウスリー川を渡っているところを見た、地元の漁師の報告も!その川幅は、300m~350m。 

まとめ

アムールトラの行動範囲が広いのは、獲物を求めて移動するのでしょうね。水の苦手なネコ科の動物が川を渡るなんて信じられません。しかし、そうまでしないと生きていけないのでしょう。他の動物に比べ、過酷な環境の中に生きているといえます。自然との調和を図りながら生きていくことが私たちの課題ですね。

スポンサードリンク